税理士のメリットについて

税理士は国家資格ですし、取得するのは並大抵ではありませんが、税理士になれたら、多くのメリットがあるのです。税金の仕事というのがとても多いので、非常に需要が高いですね。
税務相談や税務書類の作成や企業への税についてのアドバイス等税についての仕事が本当に沢山あります。そしてなんといっても、一度税理士になってしまえば定年がありません。いくつになっても働けるのはとても魅力的だと思います。
税理士は、会計のプロでもあります。そういった優秀な人材が欲しい会社も沢山あるので、就職にも有利かもしれません。
勿論、独立開業をする事も可能です。自分で会社を起ち上げてしまえば、自分のペースで、仕事をしていけるメリットがありますね。
非常にやりがいのある仕事として、男性のみならず、女性でも税理士になりたい人は大勢いると思います。
税理士は、年収が高いというのも魅力だと思います。1000万単位も勿論夢ではありませんし、吃驚する程稼いでいる税理士の方も世の中にはいると思います。
この様に税理士にはメリットがたっぷりとあるのです。

税理士の独占業務とは?

税の専門家である税理士は個人や企業の依頼に応じて納税が適正にまた円滑に行われるようにサポートする仕事です。
その内容としては大きく3つに分けられます。
まず確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立ち合い、税務署の決定に対する不服申し立てなどの「税務代理」、次に確定申告書、相続税申告書など税務署に提出する「税務書類の作成」、最後に税金の事で分からないことがあった時の「税務相談」。この3つが税理士だけが行える独占業務であり、これによって税理士の身分や地位、収入が確保できるのです。
納税は国民の義務ですが専門的な知識が必要である為提出書類の作成や税務署への申告は個人では難しく、依頼者の負担を軽減しかつ国民の確実な納税につながる重要な仕事と言えます。
また税理士を経営コンサルタントとして活用している依頼者も多く、税理士のアドバイスにより個人や企業の経営をサポートするという面もあります。税の専門家という立場で社会に大きく貢献できる仕事であるといえるのです。

税理士のサポートで企業財務は充実します

企業が税理士に会社の税務関係の仕事を依頼した場合、経理全般をサポートします。
経理の内容は様々あります。
毎日の入出金、売上、経費などを経理担当者が帳簿に記帳したものをチェックし
その内容に不備がないかどうかをみます。
年末には従業員の申告をもとに年末調整のデーターを作成します。
決算時には決算書の作成、税務署への申告をします。
会社の財務面でどのようにすれば利益が上がり、どのようにすれば節税対策になるかを考慮します。
会社の中での福利厚生についてのチェック、退職者が退職した際の制度を会社がうまく利用いるかをアドバイスします。
税理士は税務全般のサポートですが、会社としてはそれだけではない多くの相談を税理士に託している場合があります。
いわゆる会社の運営の中でのよき相談者として頼りにしています。
その点でも税理士の仕事はその企業の要望に応じて広範囲に渡ります。
企業が発展するためのアドバイスをしチャンスをつくり、発展するように進めることが税理士の仕事でもあります。

税理士資格について

税理士になるには、税理士資格を得る必要があります。税理士資格は税理士試験を受け合格して取得するのが一般的です。例外として国税従事者は勤務年数等指定の水準を満たすと試験を受けず取得できます。また、弁護士、公認会計士の資格を得た場合は税理士試験を受けず税理士の資格を取得できます。
税理士試験は簿記論、財務諸表論、法人税、所得税、相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、事業税、住民税、固定資産税の11の科目からなり、このうち5科目に合格すると税理士資格が得れます。必須科目や選択必須科目はありますが、全ての科目をやる必要はなく自分の向いている科目で選別できます。また試験は一年に一度開催されますが、一度の試験で5科目全てに合格する必要はなく毎年数科目ずつ小分けにして合格を狙う方法がとれます。また、大学院に進み指定の単位を得れば更に科目免除がされる特例もあります。
この為、資格試験としては高難易度な部類に入りますが、ある程度自分のリズムに合わせて進めていける為、人によってはやり易いタイプの資格かもしれません。

税理士に関する仕事の内容

税理士は、様々な税に関する税務のスペシャリストであって、中小企業を中心にして経営を行なっていく経営者に対するコンサルタントとして活躍しています。税金を納める個人や一般企業と税務署などの当局の間に立って、正確でメリットがある納税を手助けする立場として活躍しています。税理士の仕事は、様々な税金の申請や税金の払い込みなどによる不服の申し立てなどによって、税務を行う上での代理人としての立場があります。また、税務署に提出するための税金に関連する書類を法律に則って作成をしたり、税金に関する相談を行っています。また、会社で会計を行う帳簿で記帳を行う事務を専門的に行える事が特徴です。また、会社や税金を申し立てる代理人として、税務に関する調査のための立会人としての役割も果たしています。経営者に対して経営を円滑を良くするためのアドバイスを行ったり、財産の運用や管理に関する業務や顧客の事まで指導ができる人が求められます。
医院の開業・経営に強い税理士・会計事務所をお探しなら汐留パートナーズグループ